2012年7月6日金曜日

Someone still loves you boris yeltsin:フックの効いたメロディや、情緒的なギターや


Someone still loves you boris yeltsin / Let it sway (2010,LP)

自分が今まで聴いてきた90'sギターポップ/ロックなテイストに、重ね合う部分も多いメロディワーク。
コーラスも含め、柔らかく跳ねるポップ具合にVelvet crush〜Ciao bella〜Weezerあたりを思い出しました。

Death cab for cutieのメンバーがプロデュース、US出身4人のギターバンドです。この3rdアルバムは、日本ではMoorworksからリリースされていました。





恥ずかしながら、このバンドのことは全く知らなかったのですが、来日ツアーの話を良く目にしたので、アルバムを買ってみました。

アルバム全編を通して聴いてみると、ギターロック一辺倒でもなく。
フックの効いたメロディや、情緒的なギターが鳴る曲があったりと、一定のクオリティの中に振り幅を持たせて聴かせてくれます。

それにしてもバンド名…ナゲェ…。





過去のエントリー