2014年11月1日土曜日

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧


ネオ・アコースティック(neo acoustic 通称:ネオアコ)というジャンルを知るキッカケになればと思いながら、メモ書きを。

【ネオアコ名盤50選:ミュージックマガジン2006年8月号より引用】



以前のエントリが大変反響がありましたので、今回は具体的にどんなアーティストの、どの盤が掲載されているのか、引用してみました。


---以下、掲載リスト---
(アーティスト/タイトル/レーベル リリース年)

various artists / Pillows & Prayers / Cherry Red 1982
Aztec Camera / High Land,Hard Rain / Rough Trade 1983
Ben Watt / North Marine Drive / Cherry Red 1983
the Bluebells / Sisters / London 1984
Lloyd Cole & the Commotions / Rattlesnake / Polydor 1984



Everything But the Girl / Eden / Blanco Y Negro 1984
the Pale Fountains / Pacific Street / Virgin 1984
the Colour Field / Virgins And Philistines / Chrysalis 1985
the Dream Academy / the Dream Academy / Blanco Y Negro 1985
Prefab Sprout / Steve McQueen / Kitchenware 1985

Orange Juice / You Can't Hide Your Love Forever / Polydor 1982
Orange Juice / Rip It Up / Polydor 1982
Tracey Thorn / A Distance Shore / Cherry Red 1982
Weekend / La Variete / Rough Trade 1982
various artists / Ghost Of Christmas Past(Remake) / Crepuscule 1982


(アーティスト/タイトル/レーベル リリース年)
Elvis Costelo & Attractions / Punch the Clock / F Beat 1982
Nick Heyward / North Of A Miracle / Arista 1983
Aztec Camera / Knife / WEA 1984
Fra Lippo Lippi / Small Mercies / Unitron 1984
Friends Again / Trapped And Unwrapped / Fontana 1984



Gangway / the Twist / Hammer 1984
the Lotus Eaters / No Sense of Sin / Arista 1984
Prefab Sprout / Swoon / kitchenware 1984
the Smith / Hatful Of Hollow / Rough Trade 1984
the Style Councile / Cafe blue / Polydor 1984

Robert Wyatt / 1982-1984 / Rough Trade 1984
the Arcadians / It's A Mad Mad World / Crepscule 1985
Fantastic Something / Fantastic Something / Blanco Y Negro 1985
Felt / Ignite the Seven Cannons / Cherry Red 1985
the Pale Fountains / From Across the Kitchen Table / Virgin 1985



Virginia Aslley / Hope In A Darkened Heart / WEA 1986
the Bible! / Walking The Ghost Back Home / Backs 1986
the Big Dish / Swimmer / Virgin 1986
Cocteau Twins / Victorialand / 4AD 1986
Everything But The Girl / Baby,the Stars Shine Bright / Blanco Y Negro 1986

(アーティスト/タイトル/レーベル リリース年)
Eyeless In Gaza / Back From the Rains / Cheny Red 1986
It's Immaterial / Life's Hard And Then You Die / Siren 1986
Momus / Circus Maximus / el 1986
Martin Stephenson & the Daintees / Boat To Bolivia / Kitchenware 1986
Tot Taylor / Box-Office Poison / Popular Arts 1986



XTC / Skylarkilng / Virgin 1986
various artists / London Pavilion / el 1986
Isabelle Antena / Hoping for Love / Crepuscule 1987
Danny Wilson / Meet Danny Wilson / Virgin 1987
Max Eider / the Best Kisser ln The World / Big Time 1987

Louis Philippe / Passport To The Pogie Mountains / el 1987
the Railway Children / Reunion Wilderness / Factory 1987
the Go-betweens / 16 Lovers Lane / Begars Banquet 1988
the Lilac Time / the Lilac Time / Swordfish 1988
the Monochrome Set / Westminsler Affair / el 1989


アーティスト名、タイトル、選盤50枚について、ミュージックマガジン2006年6月号p44より引用。

こうして一覧にしてみると、なかなか壮大な眺めではないでしょうか。
改めてリストを眺めてみますと、notリアルタイムな若輩者の私でも持っている盤がチラホラ。

ミュージックマガジン本誌では、ジャケ写とともに、詳細なレビューが書いてあります。そして、時系列に掲載されているため「あの盤はこの盤と同じ年かぁ…」と振り返ることができました。





■関連エントリ

Tempting Soda Records: ネオアコへの熱い想い「TEA TIME」というファンジンを頂きました
Tempting Soda Records: レコ店主の言葉と、Trash Can Sinatras「Cake」の思い出話
Tempting Soda Records: Pale fountains「Longshot for your love 」:ジャケも素敵な珠玉の編集盤
Tempting Soda Records: 私が選ぶSarahの一曲
Tempting Soda Records: NHK-FM「今日は一日渋谷系三昧」で放送された、プレイリスト一覧



【追記】2013.1.16現在

Googleで「ネオアコ 名盤」と検索すると、本エントリが検索順位第1位になってました。
この検索ワードでの流入が増えているので、これからネオアコ系を探す人にとって役に立つと嬉しいですね。