投稿

[FST160]V.A.「The Sound of Leamington Spa Vol.9」:お馴染みカルト・ネオアコ・コンピ、レミスパ・シリーズの有意義さ

イメージ
V.A. / The Sound of Leamington Spa Volume 9 (2018,2LP,Firestation Records,FST160)

通称”レミスパ”。
Firestation Records(以下、FST)恒例、レトロスペクティブ・コンピのシリーズ第9弾。
CDとアナログ盤でリリース。アナログ盤は2枚組み、見開き仕様で300枚限定。

シングル数枚を残して消えたバンド、カルトな人気を誇るバンド、まったく日の目を見ていないバンド…など、FSTレーベルオーナーUweが精力的に発掘し、音源化に毎回尽力を尽くしています。


FSTファンとして興味深いのは、この2018年にVol.8(FST155)、Vol.9と続けてリリースされたこと。レミスパ・シリーズの過去を振りかえると、同年リリースは2003年以来なんですよね。

[FST008] Volume 1 (LP/CD,2000)  
[FST040] Volume 2 (LP/CD,2002)
[FST050] Volume 3 ‎(CD,2003)  
[FST060] Volume 4 ‎(CD,2003)  
[FST065] Volume 5 ‎(CD,2005)  
[FST075] Volume 6 ‎(CD,2009)
[FST100] Volume 7 (CD,2013,inc.[V.A./Still Mad At Me?])
[FST155] Volume 8 ‎(LP/CD,2018)
[FST160] Volume 9 ‎(LP/CD,2018)

[FST] Firestation Recordsコンプリートへの道 (4) The Sound Of Leamington Spaシリーズ 
https://tmp-soda.blogspot.com/2018/01/fst-firestation-records-4-sound-of.html

この短期間でのリリースは、推測ですがレーベルオーナーUweがレア音源発掘時にFacebookを中心に情報提供を呼びかけていることはもちろん、SNSを中心とした人力検索、Youtubeでの過去音源など、以前より情報が集まりやすく、繋がりやすくなったことも関係あるのでは思っています。


このレミスパ・シリーズは、全盛期ではCDで5000枚をプレスするほどの人気でし…

The Last Detail「S.T.」:bandcamp

イメージ
The Last Detail / S.T. (2018)

Mehdi Zannad(Fugu)、Erin Moran(A Girl Called Eddy)の男女ユニット。
Tahiti80のメンバーも参加した、デビューアルバムはElefant Records(ESP)よりリリース。
この秋〜冬がよく似合うフォーキー・ポップ。

The Last Detail by THE LAST DETAIL



The Last Detail | Elefant Records - bandcamp
https://elefantrecords.bandcamp.com/album/the-last-detail

[FST162]Candy Opera「Rarities」:前作が人気盤の80’sリヴァプール・ネオアコ、2010年新録を収録して続編をリリース

イメージ
Candy Opera / Rarities (2018,LP,Firestation Records,FST162)

リヴァプール(UK)で80年代に活動していた4人組バンド。
無名にもかかわらず、前作のレトロスペクティブ盤「45 Revolutions Per Minutes」(2018,FST154)が、かなり話題となったようで早くも次作が登場!
CDとアナログ盤でリリースされ、アナログ盤は300枚限定。

今作は、やや変則的な収録内容で、
 A1〜A5:2010年の新録
 B1〜B3:90年の発掘音源
 B4〜B6:前作収録曲のデモVer
となっているようです。

前作で魅了させられた、Prefab Sprout〜Atec Cameraのようなメジャー感のあるネオアコチューンはもちろん、ブリット・ポップ的なアプローチの曲もあったりして、ますます彼らを気に入りました。前作もっている人も「買い」です。




余談ですが。
2018年8月に開催されたライブでの「What A Way To Travel」(今作にも収録曲)映像があるんですが、ライブ版だと、よりライト・ソウルなテイストが感じられて良いですね。
80年代当時、GO Discs!からのオファーや、Go-Betweensなどとライブを重ねていただけあって、さすがに”場慣れ”してる感もあります。






Candy Opera(@CandyOpera1) - Twitter 
https://twitter.com/candyopera1
Candy Opera - Firestation Records
http://www.firestation-records.de/CAT/fst162-candyopera-rarities.html

Neleonard「Un Lugar Imaginado」 : bandcamp

イメージ
Neleonard / Un Lugar Imaginado (2018)

バルセロナの男女混合6人組バンド from Elefant。
ド直球なインディポップだった、デビューアルバムがとても良かったですね。
この2ndも欲しいのだけど、日本に入ってくるのでしょうか?

Un Lugar Imaginado by NELEONARD
Neleonard(@Neleonard_band) - Twitter 
https://twitter.com/neleonard_band
Un Lugar Imaginado | Elefant Records - bandcamp
https://elefantrecords.bandcamp.com/album/un-lugar-imaginado

Joey Dosik「Inside Voice」:メロウ・グルーヴ〜ブルー・アイド・ソウルな1stアルバム

イメージ
Joey Dosik / Inside Voice (2018,LP,Secretly Canadian)

LA出身のSSW、Joey Dosik(ジョーイ・ドシク)の1stフルアルバム。
Mockyのサポートメンバーとしても2015年に来日していましたね。

アナログ盤は見開きジャケ仕様。カラーヴァイナルの限定盤と、通常の黒盤あり。自分は限定盤がなんとか間に合いました。


Coco O.(Quadron,DEN)をフィーチャーした、「Don’t Want It To Be Over」が最高!
FirestationからもリリースしているTrambeat(London,UK)ばりのクラシックなグルーヴィー・ソウルが泣ける。

ピアノの旋律とストリングスをメロウに昇華させた「Inside Voice」。
そのスムースな彼のVo.を聴くと、その歌声さえ楽器の一部のように奏でられているんですよね。
もう何というかね…全編とろける夢見ごごちなスウィートさ。Rhye(CAN)〜Andre Solomko(FIN)あたりが好きな人にはオススメかも。





JOEY DOSIK - Official
https://joeydosik.com/
Inside Voice | Joey Dosik - bandcamp
https://joeydosik.bandcamp.com/album/inside-voice

Young Scum「S.T.」:90’sギターポップ〜インディ路線の泣きメロディ

イメージ
Young Scum / S.T. (2018,LP,Pretty Olivia Records)

USバージニアの4人組みインディバンド、デビューアルバム。
Dropkickなどの優良バンドをリリースしている、スペインのPretty Olivia Recordsより。

カセット&デジタルのみでのリリースでしたが、人気もあってか待望のアナログ盤をリリース。
カラー版インナースリーブ付き、300枚限定のプレスです。
(2018年10月現在、レーベル在庫は残り僅かの模様!)

久々のギターポップど真ん中路線で、90’sインディが好きな方は必聴でしょう。
「Wasting time」では懐かしきBrideshead(GER)ごとく、駆け抜けていくポップなギターメロディと、Chris SmithのVo.が泣けます。スウェディッシュ・ポップ路線の「Crying at work」もまた良い!



ここ日本には入ってこないと思ったのでバンドへ直接予約して購入したのですが、名古屋のRecord Shop Andyで取り扱っているみたいなので、欲しい方はお早めに。

[LP] YOUNG SCUM/SAME - RECORD SHOP ANDY/レコードショップアンディ 
http://recordshop-andy.com/?pid=135788149

Young Scum by Young Scum

Young Scum - bandcamp
https://prettyoliviarecords.bandcamp.com/album/young-scum
Pretty Olivia Records - Official
http://prettyolivia.bigcartel.com/products


Tahiti 80 「The Sunsh​!​ne Beat Vol. 1」: bandcamp

イメージ
Tahiti 80 / The Sunsh​!​ne Beat Vol. 1 (2018)

「Ballroom」(2014)以来、7thアルバム。
ギターポップ〜ソウルポップ〜ビートポップを散りばめた、Tahitiらしい楽曲が多いです。
アナログ盤は、”キウイ柄”カラーヴァイナル仕様。

The Sunsh!ne Beat Vol. 1 by tahiti 80



Tahiti 80 - bandcamp
https://tahiti80.bandcamp.com/