2017年7月26日水曜日

White shoes & the Couples company 「Album Vakansi」素晴らしきインドネシアン・ラウンジ・ギターポップ

White shoes & the Couples company / Album Vakansi (2012,LP,Minty Fresh,MF146)

インドネシアより、ジャカルタ出身男女混合6人組ポップバンドの2ndアルバム。
2002年にバンド結成、2005年にリリースされたセルフタイトル「White shoes & the Couples company」でデビュー(なんと、全世界で15000枚も売れたそうです)。

CD自体は2010年にリリースされていましたが、このアナログ盤はMinty Fresh(US)より2012年にディストリビュート。
数量限定リリースで、140gヴァイナル仕様、歌詞印刷のインナースリーブ、ミニポスター付きです(このアナログ盤は、リリース後早い段階で市場から無くなったので、プレス枚数はかなり少なかったと思われます)。


彼らについては、この2ndアルバムから知ったのですが、恐るべし...インドネシアン・ポップサウンド!
ディスコ・ファンクなサウンドにフルートが載っかり、極めつけのパラッパコーラスで即死しました「Selangkah Keseberang」。
イントロのフランスのラウンジ・ポップを醸し出すような雰囲気から、ドライブしていくグルーヴ感のあるサビも素晴らしい「Kampus Kemarau」。



根底にあるのは、おそらくジャズなんですが、そこにシンセサイザー、管楽器、グルーヴ感、そしてAprilla Apsari嬢の洗練されたVo.がトッピングされると、インディポップ~ギターポップ~ラウンジポップへ見事に変身。
全編通してクオリティ高い、まさにタイトル通りに"バカンス"向けな、避暑地メロウ・アルバムに仕上がっています。



White Shoes and The Couples Company - Official
http://www.whiteshoesandthecouplescompany.org/


2017年7月19日水曜日

Jim Jiminee「Welcome to Hawaii」スイングするギターポップ

Jim Jiminee / Welcome to Hawaii (1999,LP,Re-issue,Vinyl Japan,ASKLP91)

数年ぶりにレコード棚から引っ張り出し、針を落としてみると「こんなに良かったっけ!?」と再認識。

1986年、UKハンプシャーにて結成された6人組ビート・バンド。
オリジナル盤は1987年にリリース。ブライトンの海岸で、お上りさん風情を漂わせるおとぼけジャケットで有名な1stアルバムです。
「ハワイへようこそ」というタイトルと内容が噛み合っていないせいか、リリース当時はあまり売れなかったそうです。

自分が所有しているのはVinyl Japanからの再発盤で、購入当時2000円くらいでした。
カタログナンバー「ASKLP91」、刻印は「ASKLP91 A-1-1-/B-1-1-」。
印刷インナスリーブ入、ジャケットとセンターレーベルにはVinyl Japanロゴ有、音質は良好です。
オリジナル盤を持っていないので、手に入れたときは比較してみたいですね。


今改めて聴いてみると、以外と(言っては失礼だが)全編通してポップ感溢れた作品でした。
個人的アルバム屈指の名曲はB-1「A Habit of you」。
やや暑苦しいKevin JamiesonのVo.が、ペナペナなギターのアルペジオとDelphi Newmanの女性コーラスで中和され、スイングするギターポップといった感じでサイコー。
ちなみにこの曲はEP「I wanna work!」(1988,7",12")に収録されています。


再発盤を購入当時は、イントロのホーンからテンションMAXになるクラブヒッツA-1「Town and country blues」や、Haircut100ライクな高速カッティングギターが気持ちいいB-3「Heyday」あたりばかり聴いて、いわるゆ"フロア栄え"する以外の曲は全く触ってなかったんですよね。

ネオアコバブルの時はオリジナル盤が数万円で取引されていたり、DJが掛け過ぎて「Town and country blues禁止令が出た」とのウワサがあったりして、色々と話題には事欠かなかったJim Jiminee「Welcome to Hawaii」でした。




Jim Jiminee - Wikipedia 
https://en.wikipedia.org/wiki/Jim_Jiminee
Jim Jimineeの思い出とか - Tempting Soda Records 
http://tmp-soda.blogspot.jp/2013/08/jim-jiminee.html

2017年7月12日水曜日

Hoops「Routines」2017上半期ベスト!メロディックなギターリフが泣ける優良アルバム

Hoops / Routines (2017,LP,Fat Possum Records)

これかなり良いです!
レビューサイトPitchforkでは、”lo-fi bedroom rock project”と形容されていた、2014年結成のUSブルーミントン出身4人組バンド。

2017年リリースのデビューアルバムは、限定のカラーヴァイナル仕様/通常のアナログ盤、CD、デジタル、なんとカセットでもリリースされます。
ちなみに通常流通のアナログ盤は、グラフィック・インナースリーブ、DLコード付きでした。

本数限定のカセット仕様

A-1「Sun's Out」からヤラれました。
インストに近いナンバーですが、例えるならば、ビートに乗った”明るめのReal Estate”といった感じでしょうか。ギターのメロディが素晴らしい。


エフェクトの効いたダウナーなVo.と、メロディックにとろけようなギターリフが乗っかる所は、Weird dreams 〜 Washed out 〜 the Pains of being pure at heartのようでもあり。
全編捨て曲無しの好アルバムなので、是非bandcampなどで視聴してみてください。
個人的には2017年ベストアルバムTOP5に入るくらい気に入りました。




Hoops - bandcamp 
https://hoops.bandcamp.com/album/routines
Hoops - Fat Possum Records 
http://fatpossum.com/artists/hoops/
Routines Album Review - Pitchfork 
http://pitchfork.com/reviews/albums/23258-routines/

2017年7月10日月曜日

V.A.「C88」:Sarah、Creation、53rd&3rd、Subway…キラートラックだらけのコンピレーション

V.A. / C88 Deluxe (2017,3CD Box Set)

NME監修、伝説のインディコンピ「C86」は、インディポップファンにはバイブル的存在でしょう。


現在でも人気を反映してか、その「C86」を題材にして”架空”コンピレーション「C87」が2016年に作成されました。
そして2017年、さらに続編として「C88」が3CD+ブックレットのBOX仕様で登場!



今回はSarahやCreation、53rd&3rd、Subway Org.レーベルを中心とし、ネオアコ〜ギターポップ〜アノラックファンにはキラートラックだらけ。個人的には「C88」が一番好きです。
このCDを垂れ流すだけで、クラブイベントが成立してしまうほどの収録曲は下記の通り。

【DISC 1】
1. ON TAPE – The Pooh Sticks
2. ELEPHANT STONE (7” Version) – The Stone Roses
3. WHERE DO YOU GO (Flexi Version) – The Popguns
4. (WILL NOBODY SAVE) LOUISE – The Man From Delmonte
5. ARE YOU HAPPY NOW? (Molesworth Version) - The Charlottes
6. THE THINGS YOU WANT – The Snapdragons
7. ONE SUMMER – Moss Poles
8. LIES – Bridewell Taxis
9. DEFY THE LAW – The Orchids
10. HAPPY LIKE YESTERDAY – The Groovy Little Numbers
11. JULIE CHRISTIE – The Driscolls
12. HIGH – Choo Choo Train
13. CREMATION TOWN – The Poppyheads
14. TATTERED, TANGLED AND TORN - Bradford
15. SO HAPPY TO BE ALIVE – Thrilled Skinny
16. SISTER GOODBYE – The Prayers
17. ANORAK CITY – Another Sunny Day
18. SHE’S GONE – The Train Set
19. BARNOON HILL – Pacific
20. FOREVER HOLIDAY (Ediesta Version) – Blow-Up
21. MARY’S GARDEN – The Mock Turtles
22. THE PENNINE SPITTER – King Of The Slums
23. COLOURS AND SHAPES (Demo) – Pale Saints
24. THE BALLAD OF JET HARRIS – Apple Boutique

【DISC 2】
1. THE HILL – The House Of Love
2. DYING FOR IT – The Vaselines
3. KIRSTY – Bob
4. SLACK TIME – Cud
5. PLEASE RAIN FALL – The Sea Urchins
6. SHAME ON YOU – The Darling Buds
7. PRIZE – Kitchens Of Distinction
8. TOO MANY SHADOWS– The Heart Throbs
9. DO IT FOR FUN – The Bachelor Pad
10. THEY FELL FOR WORDS LIKE LOVE – Hangman’s Beautiful Daughters
11. GIVING WAY TO TRAINS – Murrumbidgee Whalers
12. WHAT’S GOING DOWN – The Shamen
13. HEAVEN KNOWS – The Flatmates
14. SPELL IT OUT – The Waltones
15. MRS SUSAN SPENCE – The Wilderness Children
16. YESTERDAY – The Nivens
17. REAL WORLD – Baby Lemonade
18. VILLAGE GREEN – The Clouds
19. FIRE ESCAPE – Rote Kapelle
20. MAD DOGS – Emily
21. THE 18:10 TO YEOVIL JUNCTION – Bubblegum Splash
22. MICHAEL FUREY – Metro Trinity
23. THEME FROM COW – Inspiral Carpets

【DISC 3】
1. SUN, SEA, SAND – The Revolving Paint Dream
2. SURFAROUND – The Fizzbombs
3. PLASTER SAINT – The Church Grims
4. CRUSH THE FLOWERS (Demo) – The Wake
5. SUNSHINE THUGGERY – The Siddeleys
6. CLEAR - Whirl
7. A MILLION ZILLION MILES - Annie & The Aeroplanes
8. YOU OPENED UP MY EYES - Fat Tulips
9. CINCINNATI – Holidaymakers
10. THE CAMERA LOVES ME – Would-Be-Goods
11. ANYWHERE BUT HOME – The Caretaker Race
12. WHO WORKS THE WEATHER – The Great Leap Forward
13. CUBANS IN THE BLUEFIELDS – East Village
14. BYTHESEA ROAD – The Haywains
15. THE OLD ROAD OUT OF TOWN (12” Mix) – The Wishing Stones
16. SHAKE – The Corn Dollies
17. LAND OF GOLD – Bluetrain
18. THE SUN SLID DOWN BEHIND THE TOWER – Reserve
19. APPLE OF MY EYE - Remember Fun
20. MORNING O’GRADY - Yeah Jazz
21. DON'T BURY ME YET – The Raw Herbs
22. CURRY CRAZY - Bad Dream Fancy Dress
23. ON MY WAY – The Claim
24. GLASTONBURY - Rodney Allen



C88 Various Artists: Deluxe 3CD Box Set – Cherry Red Records 
https://www.cherryred.co.uk/product/c88-various-artists-deluxe-3cd-box-set/

2017年7月5日水曜日

Homecomings「Play Yard Symphony」リードトラックのMVが公開

Homecomings / Symphony (2017,CD)

7月にリリースされたHomecomingsのニューEP「Symphony」より、リードトラック「Play Yard Symphony」のMVが公開されました。


MVの冒頭〜イントロの描写は、まるでスウェーデンのパワーポップ・バンドthe Wannadies「Bagsy Me」のジャケットのようで美しい。


サビでの感情が溢れでるようなストリングスと、アタックの効いたギターフレーズもまた気持ちがよく、クラブで聴くとバーストする光景が浮かびます。
2017年9月のツアーでは、広島での追加公演が決定したので日程が合えば見に行きたい。。。



Homecomings - Official
http://homecomings.jp/
Homecomings「Somehow,Somewhere」京都発、ギターポップバンド - Tempting Soda Records 
http://tmp-soda.blogspot.jp/2016/04/homecomingssomehowsomewhere.html

2017年7月3日月曜日

Washed out「Mister mellow」チルウェイヴ・サウンドの3rdアルバム、CD+DVDでリリース

Washed out / Mister mellow (2017,CD+DVD,Stones Throw)

2009年デビューのUSジョージア出身のSSW、Ernest Greeneが「Washed out」名義で活動するサウンドユニット。

2011年にSub Pop(US)より、1stアルバム「Within and Without」をリリース。
ローファイ〜シンセポップ寄りの新しいサウンドで、当時Washed outは"チル・ウェイヴ(the Chillwave Movement)"というジャンルでの、代表格のひとつとして扱われていましたね。



前作2nd「Paracosm」(2013,Sub Pop)より、4年ぶりとなるこの3rdアルバム。
1st、2nd共にアナログ盤でもリリースがあったのですが、今回3rdのフィジカルは、CD+DVDの2枚組のみとなっているようです。後からアナログ盤リリースってことはないですよね?
あと、ジャケがちょっとダサい…これまでのアートワークが良かっただけに少々残念。





Washed Out - Official
http://washedout.net/
Washed Out - Stones Throw Records 
http://www.stonesthrow.com/washedout
Washed Out「Paracosm」:Goodサウンド、Goodワールド - Tempting Soda Records 
http://tmp-soda.blogspot.jp/2013/09/washed-outparacosmgoodgood.html

過去のエントリー