2017年7月19日水曜日

Jim Jiminee「Welcome to Hawaii」スイングするギターポップ

Jim Jiminee / Welcome to Hawaii (1999,LP,Re-issue,Vinyl Japan,ASKLP91)

数年ぶりにレコード棚から引っ張り出し、針を落としてみると「こんなに良かったっけ!?」と再認識。

1986年、UKハンプシャーにて結成された6人組ビート・バンド。
オリジナル盤は1987年にリリース。ブライトンの海岸で、お上りさん風情を漂わせるおとぼけジャケットで有名な1stアルバムです。
「ハワイへようこそ」というタイトルと内容が噛み合っていないせいか、リリース当時はあまり売れなかったそうです。

自分が所有しているのはVinyl Japanからの再発盤で、購入当時2000円くらいでした。
カタログナンバー「ASKLP91」、刻印は「ASKLP91 A-1-1-/B-1-1-」。
印刷インナスリーブ入、ジャケットとセンターレーベルにはVinyl Japanロゴ有、音質は良好です。
オリジナル盤を持っていないので、手に入れたときは比較してみたいですね。


今改めて聴いてみると、以外と(言っては失礼だが)全編通してポップ感溢れた作品でした。
個人的アルバム屈指の名曲はB-1「A Habit of you」。
やや暑苦しいKevin JamiesonのVo.が、ペナペナなギターのアルペジオとDelphi Newmanの女性コーラスで中和され、スイングするギターポップといった感じでサイコー。
ちなみにこの曲はEP「I wanna work!」(1988,7",12")に収録されています。


再発盤を購入当時は、イントロのホーンからテンションMAXになるクラブヒッツA-1「Town and country blues」や、Haircut100ライクな高速カッティングギターが気持ちいいB-3「Heyday」あたりばかり聴いて、いわるゆ"フロア栄え"する以外の曲は全く触ってなかったんですよね。

ネオアコバブルの時はオリジナル盤が数万円で取引されていたり、DJが掛け過ぎて「Town and country blues禁止令が出た」とのウワサがあったりして、色々と話題には事欠かなかったJim Jiminee「Welcome to Hawaii」でした。




Jim Jiminee - Wikipedia 
https://en.wikipedia.org/wiki/Jim_Jiminee
Jim Jimineeの思い出とか - Tempting Soda Records 
http://tmp-soda.blogspot.jp/2013/08/jim-jiminee.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

過去のエントリー