投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

[FST] Firestation Recordsコンプリートへの道 (4) The Sound Of Leamington Spaシリーズ

イメージ
全国のFirestation Recordsファンの皆様こんばんは。
みなさんのFSTカタログは順調に揃ってきていますでしょうか?

さて今回は「The Sound Of Leamington Spa」について。
Firestation Recordsでは、時代に埋れていたアーティストや、シングル1枚がベラぼうにレアなアーティストまで、カルト級のバンドを集めたコンピレーションシリーズがリリースされています。

その名も「The Sound Of Leamington Spa」シリーズ。通称”レミスパ”。
カタログナンバーと、フォーマット、リリース年は以下のとおり。
[FST008] Volume 1 (LP/CD,2000)
[FST040] Volume 2 (LP/CD,2002)
[FST050] Volume 3 ‎(CD,2003)
[FST060] Volume 4 ‎(CD,2003)
[FST065] Volume 5 ‎(CD,2005)
[FST075] Volume 6 ‎(CD,2009)
[FST100] Volume 7 (CD,2013,inc.[Still Mad At Me?])

これは旧Firestation Tower Records時代から続く、人気のシリーズでもあり、世界中のネオアコファン〜インディポップファンが楽しみにしていました。
あえて過去形にしたのは、実は現在はこのシリーズは事実上終了しているからなのです。


さて、ここにプレス枚数を追記したのが、以下のとおり。
[FST008] Volume 1 (LP:1200枚 / CD:5000枚)
[FST040] Volume 2 (LP:1000 / CD:3000)
[FST050] Volume 3 ‎(CD:2000)
[FST060] Volume 4 ‎(CD:2000)
[FST065] Volume 5 ‎(CD:1500)
[FST075] Volume 6 ‎(CD:1500)

Vol.1の”5000枚”という数字はFST史上最高のプレス枚数です。
(おそらく今後、このレーベル記録を塗り替えることはないでしょう...)

2000年という時期は、世界的にインディ・ポップブームが巻き起こり、また日本においてはインディポップ〜ギターポップを通じて、ネオアコが再評価された年でもあります。

Alvvays「Antisocialites」 90’sギターポップ・クラシックなアルバム

イメージ
Alvvays / Antisocialites (2017,LP,Polyvinyl)

カナダ、トロント在住の5人組インディポップ・バンド。
2014年のデビューアルバム「Alvvays」以来、3年ぶりとなる2ndアルバムです。

アナログ盤は限定盤がイエロー、通常盤が黒色で、どちらもダウンロードコード付き。彼らの人気を反映してか、どちらも即ソールドアウト。
そしてCDは、なんと日本先行リリースでした。

個人的には、“胸キュン”とか”ドリームポップ”路線ではなく、”ガレージ”方向に振ったアルバムだと思います。2017年にデビューした、スウェーデンのThe Sun Daysあたりが好きな人もツボかもしれませんね。
ギターポップ・クラシックでいくと、The Primitivesより、Comet Gain〜Velocetteファンに推薦!

そんな90’sギターポップを彷彿とさせる甘いメロディと、ノイジーなギターリフが溢れる「In Undertow」が素晴らしい。少し気だるいMolly RankinのVo.もグッド!



そしてこのアルバム、Teenage FanclubのNorman BlakeがGlockenspiel(鉄琴)とVo.で参加しているそうですよ!
Great new Alvvays song 'In Undertow'. An honour to get to contribute some backing vocals to this ear worm. https://t.co/a8kwoWLidF via — Norman Blake (@normanblake) 2017年6月7日





偶然にも、音楽友達でもある宮田さん(@muselection)が同日に、同アルバムを取り上げ、ブログに書いていました。"ネオアコ・コンダクター"muselection の、熱き考察も併せてご覧ください↓↓
Alvvays について語るときに我々の語ることhttps://t.co/MyJi0ODSxN

1、2の3で、久々にブログを更新しました!
作品入手からしばらく経ちましたが、やっと #ALVVAYS への思いの丈を文にできました。つぶやきにはない入魂のテキストが含まれた熱情ブログバージョンです。よろしければご高覧ください! — musel…

[FST155] カルトネオアコ・コンピ「The Sound Of Leamington Spa」のVol.8がリリース予定

イメージ
ドイツのインディレーベル、Firestation Recordsの人気コンピシリーズ「The Sound Of Leamington Spa」の続編が、ついに2018年2月にリリースされるそうです。

一旦は、このシリーズ終了していたのですが、レーベルは色々と模索していたようで、昨年あたりから情報提供などを含め、計画が持ち上がっていました。


そして、2013年にリリースされた[Vol.7]以来、5年ぶりにVol.8がリリースされます。
予約開始は2月初旬、アナログ盤2枚組とCDでリリース予定です。
トラックリストは以下の通り。今回もほとんど知らないアーティストばかりなので楽しみです!

1. The Liberty Thieves – The Smile On Your Face
2. Rorschach – Gabriel
3. Windy Miller – Win By Miles
4. The Believers – Save The Planet
5. And So To Bed – Around My Neck
6. Things In General – Goodbye To Happiness
7. Jim Jiminee – Sleeping Once Again
8. Peppermint Parlour - Falling
9. The Last Peach – Golden Shower
10. Peruvian Hipsters – Tony Hadley
11. Shame – Real Tears
12. The Daisychain Connection – Mood Swings
13. The Bedflowers – Making Out In Public Places
14. The Hypocrites – Nothing To Add
15. Black And White Lovers – Passion Of Mine
16. Stranger Than Fiction – The Realization 
17. Beware The Dog – Nasty Things
18. The Mechanical Hearts – Southside Blues
19. The Monkey Run - Bats
20. The Caz Carnaby Five…

2017年を振り返っての個人的トピック盤

イメージ
前回の「2017年ベスト3」エントリには入りませんでしたが、個人的にトピックだった出来事を紹介。

The Siddeleysの編集盤がFirestation Recordsより、アナログ盤でリリース  The Siddeleys ‎/ Songs From The Sidings - Demo Recordings 1985-1987 (2017,LP,Firestation Records ,FST150)

まさかSiddeleysの編集盤がFSTから出るなんて!
CDでリリースされたコンピレーション「Slum Clearance ‎」(2001,Matinée Recordings)にも収録されなかった、未発表曲やデモ音源がFSTのレトロスペクティブとしてリリース。ジャケットも秀逸です。





Paul WellerプロデュースのStone Foundationが、もろにthe Style Council Stone Foundation / Street Rituals (2017,LP,100% Records)

UKの8人編成のバンドなんですが、今回はPaul Weller兄貴がプロデュース。
しかも、彼自身がVo.として参加している曲もあって、初期the Style Councilファンは感涙ものですよ。





the Pains Of Being Pure At Heartが4thアルバムをリリース the Pains Of Being Pure At Heart / The Echo Of Pleasure (LP,2017,Painbow Records)

メンバーの脱退もあり、現在ではKip Bermanの個人バンド状態ですが、これで聞き納めかな…の予感。
初期のシューゲイザー色もマイルドになり、アルバムを重ねるごとに好きになっていくバンドのひとつです。





METAFIVEの2ndアルバム「META HALF」がアナログ化 METAFIVE / META HALF (2017,LP,Warner Music Japan)

このバンド、やっぱり”YMO”。
「浮気なぼくら」期のメロウネスと、「TECHNODON」のシャープさが合わさって、現在進行形のサウンドを聴かせてくれます。砂原良徳(まりん、ex.電気グルーヴ)と、TOWA TEI(テイ・トウワ)の存在も大きい。





漁盤日記 2018年の掘り始め

イメージ
あけましておめでとうございます。
今年も拙ブログをよろしくお願いします。

さて、年も明けて早速レコードを掘りに出かけました。
本日の成果は以下の通りでした。


The Style Council / Confessions Of A Pop Group (LP,1988)
UK org,Polydor,835 785-1,w/インナースリーブ、w/ポスター歌詞カード
¥1000也

この盤は所有しているのですが、スクラッチのノイズが目立つため買い直し。
「Confessions Of A Pop Group」はブラスセッションが多く、スタカンにしてはゴージャスなアルバムですね。
収録曲では「How She Threw It All Away」が、一番のお気に入りです。


Shelly Manne & His Friends ‎/ Modern Jazz Performances Of Songs From My Fair Lady (LP,1980)
JPN Re-issue,Contemporary Records,P-7576,w/ライナーノーツ
¥480也

メチャ有名盤。これの各国盤ばかり集めているコレクターも多し。
自分はまだ持っていなくて、バーゲン特価の激安だったので即購入。
ジャケは若干の色褪せがありますが、盤状態は問題無し。
スイングするピアノがメロウでうっとり。


Thad Jones ‎/ The Magnificent Thad Jones (LP,1990)
JPN Re-issue,東芝盤,Blue Note,BN 1527,帯付き,w/カタログ版ライナーノーツ
¥2800也

東芝の復刻シリーズで、ジャケ・盤ともに美品。
以前から探していたブツでして、価格も良心的なので購入。

ジャズは数年前からですが、Blue Note、Prestige、Verveを中心にポツポツと聴いています。
その中でも、やはりBluenoteは中古価格が底堅いです。もちろんオリジナルは置いといて…再発ものでも店頭だと2000〜4000円はしますから、もっぱらオークションで買うことが多いんですが。今年も1500番台を中心に聴いていこうと思っています。


では今年も良きレコードライフを!