Alvvays「Antisocialites」 90’sギターポップ・クラシックなアルバム

 Alvvays / Antisocialites (2017,LP,Polyvinyl)

カナダ、トロント在住の5人組インディポップ・バンド。
2014年のデビューアルバム「Alvvays」以来、3年ぶりとなる2ndアルバムです。

アナログ盤は限定盤がイエロー、通常盤が黒色で、どちらもダウンロードコード付き。彼らの人気を反映してか、どちらも即ソールドアウト。
そしてCDは、なんと日本先行リリースでした。

個人的には、“胸キュン”とか”ドリームポップ”路線ではなく、”ガレージ”方向に振ったアルバムだと思います。2017年にデビューした、スウェーデンのThe Sun Daysあたりが好きな人もツボかもしれませんね。
ギターポップ・クラシックでいくと、The Primitivesより、Comet Gain〜Velocetteファンに推薦!

そんな90’sギターポップを彷彿とさせる甘いメロディと、ノイジーなギターリフが溢れる「In Undertow」が素晴らしい。少し気だるいMolly RankinのVo.もグッド!



そしてこのアルバム、Teenage FanclubのNorman BlakeがGlockenspiel(鉄琴)とVo.で参加しているそうですよ!






偶然にも、音楽友達でもある宮田さん(@muselection)が同日に、同アルバムを取り上げ、ブログに書いていました。"ネオアコ・コンダクター"muselection の、熱き考察も併せてご覧ください↓↓


ALVVAYS - Official
http://alvvays.com/
Alvvays -Twitter 
https://twitter.com/alvvaysband

コメント

今週の人気エントリ

レコード売ったお金でレコードを買う

Optic Nerve Recordings、ネオアコ7インチが毎月発売される、リイシュー・シリーズを注文しました

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

大阪のレコード屋の場所(メモ書き)

For tracy hyde:日本語歌詞のユースウェーヴを君に捧げよう

Sobs「Telltale Signs」:往年のスウェディッシュ・ポップ感に、可憐な歌声が映えるシンガポール・インディ