投稿

12月, 2010の投稿を表示しています

2010年;気に入ったアーティスト

イメージ
本来なら「ベスト10」と発表したいところですが、 2010年は、ほとんど新譜を買わなかったので…。 なので、私が気に入ったアーティストを3組ほどエントリーしてます。
the School ビジュアル、アートワーク含めストライクです。 少しハスキーがかったvo、ゴージャスにアレンジされた甘いメロディに釘付け。

Exlovers ロンドンから聞こえてくる、少し悲しみを含んだギターポップ。 ソリッドなギターと、エフェクトを聴かせた歌声は、なぜか清涼感も感じます。

Magic kids 春の陽気に誘われるがごとく、流れるハーモニーライン。 USインディの底力さえ見え隠れする素敵な7人組。


インディ界では良作は続いているようですので、
2011年は今年以上に新譜買いをどんどんしていきたいものです。

The Pearlfishers「Sky Meadows」:心の琴線に触れるメロディ

イメージ
The Pearlfishers/Sky Meadows(2003)
非常に息の長い活動を続けている、Marinaからリリースのスコットランドのバンド。 --- [Official Web] http://www.pearlfishers.co.uk/ ---

ハーモニーもさることながら、心の琴線に触れる繊細なメロディラインは、どの曲を切り取っても輝いています。 この哀愁感とエバーグリーンな感じを醸し出せるアーティストは、自分に取ってはストライクでもあります。
※こちらは収録曲ではありませんが…



そういえば先週Mac買いました。

イメージ
iMac 21.5inch 3.06Ghz/Mac OSX 10.6
音楽とは関係無い話になります…。 Webクライアントや、クラウドサービス系を使う事が多くなったので、 「OSは何でも良いんじゃない?」と天使のささやきが。 なので、先週Mac買いました。そう、人生初のMacデビューです。
Finderの使い方に少々手こずっておりますが、SpacesとかAutomatorあたりが、便利すぎるんですけど。 あと、やっぱりインターフェイスがWinより柔らかいですね。
以下、メモ書き。購入後1週間、2010/12/10現在の状況
Google Chrome:ブラウザ Reeder:RSSリーダー TweetDeck:ツイッタークライアント Evernote:クラウドメモ OpenOffice:オフィス系対応 Skitch:スクリーンキャプチャ 他 VLC:多コーディックなメディアプレーヤー DropBox:クラウドストレージ GoogleNotifier:通知ソフト
などをとりあえず実装して、iPhoneや他のWinPCとの同期準備はひとまず完了。 ちょっとずつ楽しんでいこうと思います。

Handsomeboy 「Technique/Beside The Fountain」:ディスコメロウな気分

イメージ
Handsomeboy Technique/Beside The Fountain (2009)
カッティングギターと、Phoenixを彷彿とさせるクールなトラック。 ポップサイドからも気になる、ディスコな雰囲気が心地よい一曲です。


Bonnie Pink「Do You Crash?」:悲哀のギターリフで思い出す

イメージ
Bonnie Pink / Do You Crash?(1996)
ラジオから流れてきた、悲哀の感情がこもったギターリフに心奪われる…。 押し流される感情のメロディと、歌詞に惚れた高校時代の思い出の1枚です。
トーレ・ヨハンソンプロデュースの、このマキシシングルには、 Bサイドにも「One Night With Chocolate」という名曲も。