Dent May「Do things」:サマーブリーズなバックトラックは夏の避暑地に


Dent May / Do things (2012,LP)

USミシシッピの青年、Dent May氏が繰り出すのは、サマーブリーズでジェントルなポップミュージック。

今作のリリース前より、チラホラと「良いよ〜」と話があったので、この2ndアルバムで初めて彼を聴いてみました。アナログはホワイト・ヴァイナルで、DLコード付きです。

宅録スタイル(?)だと思うのですが、打ち込み具合が前面に出過ぎてないところが好印象です。カッティングの効いたギターフレーズなんて、アーバンスタイルさえも見え隠れしています。

緻密になりすぎず、適度に隙が見えるくらいが丁度良い。
ゆる〜いバックトラック&ソフトなコーラスが、夏の避暑地になってくれる1枚です。





今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

[FST160]V.A.「The Sound of Leamington Spa Vol.9」:お馴染みカルト・ネオアコ・コンピ、レミスパ・シリーズの有意義さ

[FST162]Candy Opera「Rarities」:前作が人気盤の80’sリヴァプール・ネオアコ、2010年新録を収録して続編をリリース

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

ダウンロードコードの雑談