Dent May「Do things」:サマーブリーズなバックトラックは夏の避暑地に


Dent May / Do things (2012,LP)

USミシシッピの青年、Dent May氏が繰り出すのは、サマーブリーズでジェントルなポップミュージック。

今作のリリース前より、チラホラと「良いよ〜」と話があったので、この2ndアルバムで初めて彼を聴いてみました。アナログはホワイト・ヴァイナルで、DLコード付きです。

宅録スタイル(?)だと思うのですが、打ち込み具合が前面に出過ぎてないところが好印象です。カッティングの効いたギターフレーズなんて、アーバンスタイルさえも見え隠れしています。

緻密になりすぎず、適度に隙が見えるくらいが丁度良い。
ゆる〜いバックトラック&ソフトなコーラスが、夏の避暑地になってくれる1枚です。





今週の人気エントリ

レコード売ったお金でレコードを買う

Optic Nerve Recordings、ネオアコ7インチが毎月発売される、リイシュー・シリーズを注文しました

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

大阪のレコード屋の場所(メモ書き)

For tracy hyde:日本語歌詞のユースウェーヴを君に捧げよう

Sobs「Telltale Signs」:往年のスウェディッシュ・ポップ感に、可憐な歌声が映えるシンガポール・インディ