Smith Westerns「Soft will」:甘酸っぱさは90sギターバンドの雰囲気


Smith Westerns / Soft will (2013,LP)

2013年上半期 ベストアルバム3選にも入ったこの一枚。実は、今回の3rdアルバムで初めてSmith Westernsを聴きました。

A面の初っぱな「3AM」〜「Idol」から艶のあるメロディを聴かせてくれたので驚き。
なんか、昨年聴いたWeird dreams「Choreography」を思い出し…でも、こちらの方が若々しくて万人向けだな〜と思うのはvoのせいかな。


シンセ+ギターの交わり具合がとても自然で、青々としたそのvoがとても耳に残る。その甘酸っぱさは90sギターバンドの雰囲気をそのまま現代に持ってきた感じ。
ラストトラック「Versity」から垣間見えるフワリとしたイントロはまさに"ドリーミー"。



余談ながら、ジャケットのデザインがイマイチ分かりにくくて、もっとシャレオツな表現が見たかったと思うのは欲だろうか…。


コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

Alpaca Sports「From Paris With Love」 : ギターのアルペジオとコーラスが美しい、スウェディッシュポップの普遍性

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

Virgin Suicide「S.T.」 胸キュン北欧ギターポップ、デンマークから贈られたデビューアルバム

安く手に入りそうな90年代後期のギターポップ名盤を改めて紹介

7インチレコードの収納箱を探してみる