2013年7月24日水曜日

涼を求めて、Everything but the girl関連のレコードを3枚


暑いときはクーラーをキンキンに冷やした部屋で、アイスコーヒー飲みながらまったりとレコードを聴くにかぎる(…そんな環境が許されるなら)。

涼しそうなアルバムを考えていると、思い浮かぶのがEverything but the girl関連の3枚。共通して言えるのは…どれも名盤です。


■Marine girls / Lazy ways (1983)

E.B.T.G.以前に組んでいた、Tracey Thorn嬢のユニット。
薄めに塗られた青いジャケットと、そのバンド名からして涼を感じる。



■Ben Watt / North marine drive  (1983)

鉄板の1枚。シーンとしては冬に聴くのがベストだろうけど、真夏にジャケットを眺めながら聴くのもベター。
来年2014年にBenは久しぶりのソロ作をリリースするらしい(ほどほどに期待する)。



■Tracey Thorn / A Distant Shore (1982)

ビーチチェアに腰掛けてと見つめる、その邦題は「遠い渚」。
全編通してシンプルかつ、Traceyの歌声を堪能できる1枚。







0 件のコメント:

コメントを投稿

過去のエントリー