2012年1月23日月曜日

Nick Heyward:こジャレた邦題が花を添えた時代



Nick Heyward / Postcards from home (1986,LP)

久しぶりにNick Heywardのレコードに手を取りますと、邦題やらライナーの文面にクラクラ。

「あの娘からのポストカード」…。アイドルっぽくてイカした邦題です。

続いて、曲名を見ていきますと…

時代でしょうか、ニックに対する"アイドルとしての偶像"がそうさせるのでしょうか。甘い言葉が連なります。

---
日本盤に付いていましたライナーノーツを見てみますと、現代のロック系ライターが見ると卒倒しそうな文言が。

明らかに女性リスナーを意識して、まるで女性誌のコラム・エッセイのようなタッチで描かれています。曲よりもむしろ、ニックが今どうしてるかとか、成長を見守っているとかに重点がおかれて構成されています。
これらを読んでみて、なんだかとても恥ずかしい…と思ってしまう、私の心は汚れているのでしょうか。

最後に、タイトルから見る私的ベスト3を
 1.「僕のハート通信」 - Again In My Heart
 2.「キッスはしたけど」 - We've All Been Kissed
 3.「愛をティーチ・ユー」- Teach Till You Rach
素晴らしい邦題です。

過去のエントリー