2012年1月16日月曜日

洋楽コーナーの縮小と、旧譜1000円コーナーの展開


久しぶりにタワーレコードを覗くと、今までとは違う光景が広がっていました。

訪れたのは大手SC内の店舗。
---
アリオ倉敷店- TOWER RECORDS ONLINE 
http://tower.jp/store/chugoku/ArioKurashiki
---

まず、いわゆる「洋楽コーナー」は売り場面積で言うと、1/5くらい。やはり、J-POP、K-POPの展開が圧倒的でした。

少ない洋楽面積ですけど、内容は新譜よりも"旧譜1000円コーナー"が目立っていました。メインストリーム王道Rockをはじめ、ジャズやクラシックでも低価格帯CDが展開されていました。
---
TOWER RECORDS ONLINE
【1,000円でおつりがくる】洋楽名盤コレクション - 
http://tower.jp/article/campaign/2011/08/31/74948?ref=itemof
---

SC内の店舗だけあって、客層はかなり幅広かったです。
そういった客層の中においては、ふらっと立ち寄って買うには1000円って丁度良い価格なんでしょう。
よって音楽好きが求める様な、インディ・オルタナティブ系の新譜での訴求力は、当然少ないなのかなと思ってしまいました。

最近は、HMVや他のCD店でもこの形態(SC内)が多いみたいなので、商品展開や店舗カラーの画一化が、ますます進むのではと感じました。
---
HMV初の1か月6店舗オープン、創業以来の短期集中展開で37店舗体制へ。 | Narinari.com 
http://www.narinari.com/Nd/20110715886.html
---

過去のエントリー