2011年11月14日月曜日

Call and response:緻密に作り上げられたインディ・ポップ



Call and response / S.T. (2001)

緻密に作り上げられたインディ・ポップの澄んだサウンド。

以前Shelflifeから7インチも出していた、5人組USカリフォルニア産バンドの1stアルバム。

このアルバムはKindercoreよりリリースなのですが、音色や雰囲気からみて、ShelflifeよりもKindercoreの方がレーベルカラーにマッチしていて、まさに大正解かなあと思っています。

シンセサイザー、マリンバ、トランペットといった編曲の構成が、メロディとともにマイルドに仕上がっています。ジャケットに描かれたような星降り注ぐ冬の夜に、静かに耳を澄ませたいアルバムです。

蒼い青春さは感じないし、キャッチーかつ派手ででも無い。そんな飾り気の無さもまた、細く長く聴いていける愛聴盤となるの要素ではないでしょうか。





過去のエントリー