2012年5月1日火曜日

Weird dreams「Choreography」英国から贈られた新鮮なネオアコ風味をもう一度



Weird dreams / Choreography (2012 , LP)

オススメです。
今年デビュー、ロンドンの4人組。ジャケが表現する通り、奥深いメロディとネオアコ風味。

レーベルサイト見ると、CDを始め、LP、限定LP、LP+7インチ、デジタル…と多様な形態でリリースされているのですが、一押しバンドなんでしょうか。どうでしょうか。
---
Tough Love Records » Weird Dreams Debut Album, Choreography, Out Now 
http://toughloverecords.com/news/2012/04/03/weird-dreams-debut-album-choreography-out-now/
---
私が買ったLPは、限定300枚でホワイトヴァイナル仕様+DLコード付でした。


「ポワ〜ン」と鳴り響く、ネオアコチックなギターの味付け具合が全編に渡って華麗に鳴り響いております。
アッパー系な楽曲は皆無ですが、ローファイ過ぎず、しっとりとしたメロディへの落としどころが絶妙です。英国ネオアコ好きなリスナーなら、結構胸に来るかもしれません。

地味なアーティストかと思いますが、こういう「レコード2周聴いてみたら、納得の1枚」が5年後にレコード棚から輝いて来るのかもしれませんね。





過去のエントリー