2012年5月22日火曜日

the School「Reading Too Much Into Things Like Everything」:ガールズポップスがさらに良い方向へ



the School / Reading Too Much Into Things Like Everything (2012,LP)

ガールズポップスが良い方向に、少し大人っぽくなった印象が。

2年ぶりとなる2ndアルバムは、スペインのElefantより。
アナログは限定でホワイトヴァイナル+DLコード付き。


アルバムの中では、先行シングル「Never Thought I'd See Day」のキャッチーさが群を抜いていますが、全体的にムーディ。

「Where Does Your Heart Belong?」に代表されるように、ストリングスやピアノのアレンジが、1stに比べて落ち着いて安定している印象を持ちました。
クラシカルな佇まいはそのままに、現在進行形のインディポップを見せてくれる8人組って、やっぱり貴重な存在!






過去のエントリー