2012年5月30日水曜日

Raintree county:アルペジオの彩りでサラリとしたネオアコに


Raintree county / Roadsongs (1991,LP)


ネオアコを通過した、サラリとしたメロディを醸し出せる良バンド。

fav(b).さんにて紹介されていたので、こちらでもピックアップ。
なかなか中古盤屋でも見かけなくなりましたが、ネオアコファンにはお馴染みの1枚かと思います。



リリースが同時期ということもあってthe Trashcan sinatrasが引き合いに出されることがありますが、トラキャン風の"キラキラ"よりも、"サラリ"として控えめな印象。
ピュアメロディ&ギターのアルペジオは、どちらかと言えば、Astec camera~the Big dish〜Eyless in gaza周辺を思い出します。

こういうのたまに聴くと、昔の「ちょっと地味系なネオアコ」をどんどんレコード棚から引っ張り出したくなっちゃいますね。


別アルバムからですが、雰囲気は伝わると思います…。

過去のエントリー