2012年5月21日月曜日

予約したけどAmazonから「申し訳ありません」メールが届くこと



IMGP2224.JPG
IMGP2224.JPG / kamikura


ここ数回ですが「申し訳ありませんが…」というお祈りメールが届くことが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

[誠に申し訳ありませんが、ご注文いただいた以下の商品の入荷遅延により、お届け予定日を変更させていただきました。
当初予定していたお届け予定日までにお客様のご注文商品をお届けできなかったことをお詫びいたします。]


■お祈りメールに遭遇


いざ自分の身に降りかかると、やきもきします。
このような遅延や、入荷キャンセルは、以前からあった事は知っていましたので遠巻きに眺めていたのですが。
気になる方は「アマゾン 入荷 キャンセル」などでググっていただければ、方々での残念感が見られると思います。


■アナログ盤だから?

CDだと輸入・国内盤問わず問題なく届いていました。
昨今、新譜でもアナログ盤のリリースされますので、そちらを手に取る人が増えているせいでしょうか。アナログ盤の仕入れルートとか流通数量とかは全く分からないのですが、度々延期が続きますと需給ギャップが十分埋めれていない印象を受けます。

しかし、予約しただけでは「注文確約」ではないと思いますので、このあたりはアマゾンさんが予約数分を卸業者なり、レーベルなりにしっかり発注してくれることを願っております。はい。


■ほかの店で買えばよくね?

ネックは送料。
普通のレコ店でのWeb発注ですと500~800円かかると思います。この値段だと中古CDや7インチ買えますので…そのあたりの感覚はゴニョゴニョ(業界活性化のためにお手伝いできずスミマセン)。
当然、その店でしか入荷していないブツは通常レコ店のWebで買っています。


■とりあえずよろしく頼む

アマゾンの利便性とか「送料無料」の威力はスゴいのですが、それと同時に「予約したけど、ホンマに来るの?」といった気持ちは、トレードオフにはならないと思うのです。
GmailフォルダにやってくるAmazon.jpからのメールを、おそるおそる開封するこの気持ちって…。


重ね重ねではありますがよろしくお願いします。

過去のエントリー