2011年10月6日木曜日

(追悼)Apple歴は1年弱だけれども


http://www.flickr.com/photos/finalvisual/3125626922/

相反するような設計要件の下記2点を満たした工業製品だからこそ、Apple社のつくった製品を私は気に入っています。
1.人を魅了するデザイン
2.生産性&メンテナンス性


ワイヤレスキーボードをひとつ見ても、Apple社の生産技術者は相当苦労しているだろうなと見受けられます。
http://www.flickr.com/photos/janandersen_dk/3407614030/


-私のApple歴-
2011年10月現在。
初めてのApple製品、iPhone4を手にして1年弱。
初めてのMacを買って9ヶ月。

長年Windowsに慣れていた私を、iPhoneの直感的なインターフェイスで惹きつけて、iMacの工業デザインで感嘆させた、Apple社。

iPhoneを購入してすぐに「このデザインを考えている人は、どんな人だろう?」と興味が出てきて、Jobs氏に関する書籍を数冊読みました。
書籍を読めば読むほど、”この人は変態だ!一緒に働きたくない!”と感じました。正直に。しかし同時に、そのデザインを推進する技術力や、実現力にも深く考えさせられました。

そんなJobs氏やApple社の工業デザイン思想が、これからも継続していくことを期待しております。
心から冥福をお祈り申し上げます。

----
Apple - Remembering Steve Jobs 
http://www.apple.com/stevejobs/
---

Clip to Evernote

過去のエントリー