2012年12月20日木曜日

Chad Valley「Young hunger」:洗練されたメロウなトラックの気持ち良さ


Chad Valley / Young hunger (LP,2012)

カクテル光線が煌めくようなディスコサウンドに、メロウ感が最高な「Young hunger」で一発でヤラれました。ちょっと線は細いですが、伸びやかなvoが楽器の一部のように曲に溶け込んでます。

Jonquilに所属するHugo Manuelによるソロ・プロジェクト。いわゆる"チルウェイヴ"系らしいのですが、単にダンサブル&エレクトロな雰囲気だけではなく、ここまで爽やかさを出せるとは…。

洗練されたトラックの構成は、Passion Pit〜Toro Y Moi〜Ice Choirあたりのファンまで十分リーチするでしょう。ファーストアルバムにしてこの完成度とは頼もしいです。




過去のエントリー