2012年6月23日土曜日

Elegant:100%ピュアなジャーマンギターポップ



Elegant / Variationen in lassigem chic (1998,CD)

イントロから100%ピュアポップでキラキラギター「Widerstand ist zwecklos」は、ギターポップ少年が釘付けになる草原メロディ。

ジャーマン・ギターポップバンドBridesheadのVo、Martinによる別ユニットはMarsh marigoldより。
一時的に結成されたユニットのようで、MondfahreとのスプリットEP7"「Nett!」、このCDEP(mari16)とがリリースされています。

ジャーマン・ギターポップ風味もさることながら、Seashells、Happydeadmenライクなスウェーデン方面からの影響も見られるメロディが印象的です。


レーベルのMarsh marigoldに目を向けると、90年代後半のジャーマン・インディの濃さを反映するかのごとく、Brideshead、Busch、Blochin81など好バンドがたくさん。
北欧バンドでは、過去にAcid house kingsを始め、Red sleeping beauty、Seashellsなどもリリースしていました。

今思うと、やはり90年代後期はヨーロッパのギターポップシーンは華やかだったなぁと改めて感じました。


(Elegantの音源がないので、Bridesheadを…雰囲気は両バンドともそのままです

過去のエントリー