スタカン直系なNew Street Adventureのニューアルバムが今から楽しみ


ソウルフルでなんとなくウェラー師匠、およびスタイル・カウンシル直系な音源(デビューアルバムのティーザーPV)を聴いたので紹介します。


歌いまわし雰囲気ともに好感触で、師匠のファンは感涙じゃないでしょうか。
上記アルバムティーザーで紹介されている「Lucky lady」はアコースティック版がupされています。グレイトなベースライン、所々に入るブレイク…心震えます。


このバンド、以前bandcampで「Live at 100 club」というライブアルバムを配っていて(※現在は配信終了)、そのストレートなネオアソウル具合にトキめいたわけですが、その延長にこの曲があって、さらにニューアルバムが出るとなると買わずには居られません。Acid Jazz Recordsより2014年前半にリリース予定です。


ちなみに以前リリースされた、ミニアルバム「Say it like you mean it EP」はiTunesで配信されてますので、好事家の方はぜひとも。
冒頭曲「Hangin' on」で即死できます。



そう言えば、"スタカン直系!"の代名詞といえば昔Goldstonedというバンドが居たなあ…


■参考サイト

New Street Adventure - YouTube


【追記】2013.8.20
バンドよりコメントいただきました。
日本に来て欲しいですね。小ぶりのライブハウスで彼らの音を聴きたいです。


しっかりエゴサーチしているようですね。地味に思われがちなサーチ活動ですが、このSNS時代においてピンポイントでユーザーと会話できるので大変有効かとおもいます。


コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

[FST160]V.A.「The Sound of Leamington Spa Vol.9」:お馴染みカルト・ネオアコ・コンピ、レミスパ・シリーズの有意義さ

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

[FST162]Candy Opera「Rarities」:前作が人気盤の80’sリヴァプール・ネオアコ、2010年新録を収録して続編をリリース

ダウンロードコードの雑談

新規購入のMacで、[移行アシスタント]を使う際の注意点と失敗談 (iMacからMac Book Airへ転送)