For tracy hyde:日本語歌詞のユースウェーヴを君に捧げよう


For tracy hyde / Juniper and Lamplight (2012,Didital)

渋谷系〜90'sギターポップシーンを解釈して、現代流にトレースしてくれる希有な宅録ユニット、Suga氏(ex.Daydrop)によるインディユニット。
BoyshとのスプリットEPを経てリリースされたミニアルバムはbandcampにて。


イントロから胸キュンな「First Regrets」。
サビのフレーズも素晴らしいけど、油断してたらマンチェライクなドラムパターンに悶絶するという絶品。この曲すごい。


「十七年の微睡み」、暗い道のりを歩き出すような幻想的なギター&コーラス。この切なさ…初期エスカレーターレコーズを思い出す。


彼のギターポップ〜ドリームポップ〜シューゲイザーのメロディセンスは元々から好印象です。その安定感プラス、日本語歌詞を乗せて届けてくるユニットって珍しいので、個人的にはこの方向で進んで欲しいと密かに期待してます…。

合い言葉は「File Under: Youthwave!」

---
Juniper And Lamplight | Canata Records 
http://shortcakecollagetape.bandcamp.com/album/juniper-and-lamplight
---

このブログの人気の投稿

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

レコード売ったお金でレコードを買う

Virgin Suicide「S.T.」 胸キュン北欧ギターポップ、デンマークから贈られたデビューアルバム

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

大阪のレコード屋の場所(メモ書き)