Heavenly beat「Talent」:ジャンルをクロスオーバーしたラウンジ感


Heavenly beat / Talent (2012,LP)

それにしてもフレッドペリー・ライクなピンクジャケは、2012年の中でも良いデザイン。

John Penaが所属するBeach Fossilsというバンド自体知らないのですが、インディファン周辺では期待値の高かったデビューアルバム。

全編を通して浮遊感のあるシンセが特徴的。
エレクトロビート一辺倒ではなく、アコースティックギターやピアノでアレンジされたその曲調は、昨今のシンセポップというよりラウンジ方向に片足入ってます。

そよそよと風に揺らぐようなメロディはインディポップファンだけでなく、クロスオーバーして色々聴いてるファンにこそウケが良さそうな広い間口を感じます。


(補足)
アナログ盤には「DLコード封入」と書いてあるんだけど、自分のには入ってなかった…orz
こんな事はいままで初めてです(誰か救いの手を笑)



今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

アナログ盤に付いているダウンロードコードが書いてある紙やカードの保管方法

Optic Nerve Recordings、ネオアコ7インチが毎月発売される、リイシュー・シリーズを注文しました

Petal 「Magic Gone」:メラコンリーな女性SSW、2ndアルバム

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談