2012年3月23日金曜日

輸入盤CDのシールの剥し方



私はある時期から、CDは「ソフトケース」を使用するようになったので…。
例の封かんシール部分はカッターで切って、プラケースにシールを残したまま廃棄していました。

…ただ、そんな人は少数だと思うのし、みなさん輸入盤のシールでやはり苦労されているようで。
---
DrillSpin (ドリルスピン)
輸入盤CDのケースに付いているシールがうまく剥がせません 
http://drillspin.com/articles/view/67

[引用]まず、あのシールは店頭でCDケースを開けてCDだけ抜き取る、という手法の窃盗を防ぐ目的で封をしているものなので、意図的に剥がしにくく、途中で破れやすい脆い素材で作られています。なので、あなたが苦労するのは当然です! 
---
なるほど。
調べてみると一部では「セキュリティシール」とも呼ばれているそうで。だから、あえて粘着性が強いシールなんですね。

気になったので、上記の記事をtwitterにポストしてみると、十人十色で色んな反応が。





他にも、別な方法でこんな提案も。




また、豪快かつ男前な方法も。




輸入盤CDのシールに関しては軽く検索掛けただけで、同じ趣旨の方法が出てきたので、これは有名な方法なんでしょうか。
試してみる価値は十分ありそうですね。


■参考記事

卓上オーディオ (Tabletop Audio): 輸入盤CD上部に付いているシールをきれいに剥がす方法 
http://tiiduka.blogspot.jp/2011/07/cd_23.html
輸入盤CDのシールの剥し方: いかんともしがたい 
http://music.cocolog-nifty.com/001/2003/12/cd.html
輸入盤CDのシールを奇跡的に綺麗に剥がす方法  
http://d.hatena.ne.jp/lyme-records/20090307/p1

過去のエントリー