2011年12月14日水曜日

由紀さおりのCD、輸入盤だと1000円…なのか


ウチの親に「由紀さおりのCDを買ってきてください」と言われ調べてみると…日本盤と輸入盤がありました。
---
由紀さおりが米国iTunesジャズチャートで1位獲得のワケ - トレンド - 日経トレンディネット 
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20111209/1038933/
---


えっ…日本盤は3000円、輸入盤(US盤)は1000円強(2011.12.14時点)。

2000円の差額もあるので、普段ならためらい無く「輸入盤一択」なんですが。

しかし、日本盤にはライナーとか楽曲解説がついているので、両親の様な中高年には、逆に日本盤のほうがやさしいのかなと思いました。いつもの"輸入盤のスリーブペラ1枚"だと、寂しいかもしれませんし。

しかし、日本のwebサイト見ても当然輸入盤のこと書いてないんですよね。3000円で買ったけど、外資系レコ屋行ったら別価格で売っていた…と思うと少々悲しいのではと思いました。
---
由紀さおり×ピンク・マルティーニ|1969|EMI Music Japan Shop 
https://shop.emimusic.jp/detail/TOCT-27098.html
---
TOWER RECORDS ONLINE
由紀さおり&ピンク・マルティーニ「1969」タワレコでも大ブレイク! TOWER JAZZ 2011&輸入盤SPECIAL PRICEキャンペーン対象にも! 
http://tower.jp/company/pressrelease/2011/11/12
---
「日本盤が高い、高い」と言いつつも、この2000円の差額分を許容出来るユーザーが存在するうちは、3000円の壁はなかなか崩れないのかなと感じた複雑な一枚でした。

過去のエントリー