Popinjays 「Flying down to mono valley」:初夏の香り漂うキャンディ・ポップ

Popinjays / Flying down to mono valley (1992)
Popinjays / Flying down to mono valley (1992) Photo by Tmp_Soda_Rec

Popinjays / Flying down to mono valley (1992)

@happypocketさんのブログエントリを拝見して、全くの初聴きでしたので購入してみました。

マンチェ路線とはひと味違う様な印象を受けるのは、女性voだからでしょうか。PrimitivesにTwa tootsとVoice of Beehiveのマイルドさを加えたような感じが好印象です。キャンディ・ポップな。

彼女達らしさに昇華させたカバー曲「It's getting better」、カラフル色に染められて、一度聴いただけで一目惚れしてしまいました。











Clip to Evernote

コメント

今週の人気エントリ

レコード売ったお金でレコードを買う

Optic Nerve Recordings、ネオアコ7インチが毎月発売される、リイシュー・シリーズを注文しました

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

大阪のレコード屋の場所(メモ書き)

For tracy hyde:日本語歌詞のユースウェーヴを君に捧げよう

Sobs「Telltale Signs」:往年のスウェディッシュ・ポップ感に、可憐な歌声が映えるシンガポール・インディ