Pennebaker「A New Skyline」:スウェーデンから心染みるピアノの切なさ

Pennebaker / A New Skyline (2003)

Philterレーベルの日本盤帯がチラリ。
先日、中古屋の店先で救出するまではこのバンド知りませんでした。良質なギターポップ系アーティストをディストリビュートしてくれるレーベルだったので購入してみました。

タンバリン一派とは一線を画すようなポップ・サウンド、スウェーデン・トリオのデビューアルバム(本国盤は2001年リリース)。

所々女性コーラス、というかツインvoな曲も収録。ピアノを前面に押し出してるわけではないですが、アルバム通して振り幅の広い、切なさ合いまったメロディラインが心染みます。












Clip to Evernote

今週の人気エントリ

レコード売ったお金でレコードを買う

Optic Nerve Recordings、ネオアコ7インチが毎月発売される、リイシュー・シリーズを注文しました

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

大阪のレコード屋の場所(メモ書き)

For tracy hyde:日本語歌詞のユースウェーヴを君に捧げよう

Sobs「Telltale Signs」:往年のスウェディッシュ・ポップ感に、可憐な歌声が映えるシンガポール・インディ