2013年1月21日月曜日

Stars「the North」:マイルドな男女voとストリングスの情緒



Stars / the North (2012,LP)

カナダ産インディバンド通算6枚目のアルバムです。

2001年にリリースされたデビューアルバム「Nightsongs」以来の購入なんですが、これが同じバンドとは…。
継続的に追っていれば「進化してるなあ」と思うかもしれませんが、1st→6thと一気に飛んで聴いたので随分と方向性が変わった感じがしました。

---
Studio albums - Discography - Stars -  
http://www.youarestars.com/discography/?s=&c=1
---

インディシンセっぽい「Theory of relativity」も良いけど、全体として男女voで情緒的な雰囲気を出しているのが印象に残ります。
中でもマイルドなコーラスとストリングスが煌めく「the North」。どこか80'sネオアコ的でもあってイチオシの曲です。

それにしても「This charming man」をカバーしたバンドがこんなにもビッグになるなんて…笑




過去のエントリー