2012年4月19日木曜日

Arvidson:青春のサンシャイン名盤を再評価


Arvidson / ST (2002)

ギターポップシーンに埋もれゆく名盤を振り返ります。

と思い、当時のシーンを追いかけていた人すら「ああ思い出した。名盤だよね…」と忘れがちなArvidson。
安定のドイツFirstation towerより。


1曲目のサンシャイン・ギターポップ「Wake up」は、キライな人はいないと思うほどの完成系。
そのほか、Aztec cameraな雰囲気プンプン「Our days」や、アーバンソウルな「You caught my eye」など、ネオアコ〜ギターポップファンはマストな内容!…だけどもイマイチ地味か(ジャケ含む)。

ジャケットを変えて、日本盤が出ていたら歴史も変わったんだろうね!と思うほど良質盤なのですが、当時の方々いかがでしょうか…?





0 件のコメント:

コメントを投稿

過去のエントリー