Real Estate:文句無しのドリーミーサウンドが続いてる

Real Estate / Atlas (LP,2014,Domino Records)

直訳すると”不動産”という、不思議な名を持つアメリカのインディバンド。

1st「Real Estate」(2009)、2nd「Days」(2011)と購入している方は、迷わず即購入OKでしょう。


1stや2ndと違う点…それは5人組のバンド編成になったこと。

しかし、エバーグリーンなサウンドは全く変わらず、冒頭「Had to Hear」のイントロ、ギターの1音目から心を掴まれる。
“ネオ・フォーク”と称されるように、ノスタルジック・ミュージックな訳ですが、何度も何度も聴くうちに病み付きなる不思議さ。voのアタックは特に強くないけど、彼らの奏でるギターのアルペジオがやはり満点なんですよね。

個人的には、かなり地味な部類に入ると思うのですが(決して「ポップ」では無いよね)、こうやって地道に時間をかけて3rdアルバムまで続いてるのは、全世界のインディファンの良心でしょうね。





Real Estate『Atlas』インタビュー :iLOUD 
http://www.iloud.jp/interview/real_estate_atlas.php

コメント

今週の人気エントリ

レコード売ったお金でレコードを買う

Optic Nerve Recordings、ネオアコ7インチが毎月発売される、リイシュー・シリーズを注文しました

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

大阪のレコード屋の場所(メモ書き)

For tracy hyde:日本語歌詞のユースウェーヴを君に捧げよう

Sobs「Telltale Signs」:往年のスウェディッシュ・ポップ感に、可憐な歌声が映えるシンガポール・インディ