New Street Adventure「No Hard Feelings」スタカンファンにもオススメ

New Street Adventure / No Hard Feelings (2014,LP,Acid Jazz Records)

VoのNick Corbinの歌声がホント良いんだわ!
2年前、彼らについて「アルバムが楽しみ!」とエントリを書いておきながら、あやうくアナログ盤を買いそびれるところでした(笑)。

ロンドン在住のNick、Ash、Charlie、Billy、Jeremyの男女混合5人組ソウルバンドです。
キャプションには「UKの名門、Acid Jazzレーベルが発掘した、“Hard Hitting Guitar-Soul”!」と銘打たれてますが、音を聴いてもらえれば納得していただけるかと(ちなみに彼らのフェイスブックのジャンル欄では”New Wave Soul”と書いてある)。


イチオシの曲は、グレイトなベースラインと所々に入るブレイクが心震える「Lacky lady」。
もうひとつは、スローなハモンドオルガンから徐々に駆け上がっていき、ホーン&ハンドクラップの溢れるサビがエンディングに相応しい「the Big A.C」。

現在進行形のニューソウル〜スタカン直系サウンドでメロウなひとときをどうぞ。


the Style Council「Shout To The Top」を思い出してしまう…。



New Street Adventure:Official
http://www.new-street-adventure.com/

コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

Alpaca Sports「From Paris With Love」 : ギターのアルペジオとコーラスが美しい、スウェディッシュポップの普遍性

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

Virgin Suicide「S.T.」 胸キュン北欧ギターポップ、デンマークから贈られたデビューアルバム

安く手に入りそうな90年代後期のギターポップ名盤を改めて紹介

7インチレコードの収納箱を探してみる