Washed Out「Paracosm」:Goodサウンド、Goodワールド


Washed Out / Paracosm (2013,LP,Sub Pop)

US出身、Ernest Greeneによるソロ・プロジェクト。
いわゆる"チルウェイヴ"というジャンルを広めた前作「Within and Without」より2年ぶりのリリース。



このアルバム「Paracosm」とくに期待してなかったんだけど、すごく良かったです。
レビューやインタビューを通じて、彼なりの思想とか作り上げたい世界観があるみたいですが、まずは先入観無しで聴いてみるのも吉。

私みたいな旧来のインディポップ・ファンからみれば、浮遊するSEメロディに対して好き嫌いが出そうな作品ではありますが…。90年代から00年代を飛び越して、いきなり「Paracosm」を聴く勇気は私には無い(笑)。そのくらい最新の、というか洗練されたカッコよさを感じます。

気に入ったのは「Don't give up」「All over now」。ドリーミーなんだけど、ちょっと影があるほうが現実離れして心地よく馴染むBGMになるかもしれません。
あと、ジャケットが2013年ベストに入るほど惚れた。








■参考サイト

[INTERVIEW] Washed Out | Monchicon!
Hard To Explain:[Interview] Washed Out
Washed Out新アルバムは架空世界がコンセプトの『PARACOSM』:CINRA.NET

コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

Cullen Omori「the Diet」:メロディアス・ローファイな2ndアルバム

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

新規購入のMacで、[移行アシスタント]を使う際の注意点と失敗談 (iMacからMac Book Airへ転送)

ダウンロードコードの雑談

Puzzles Y Dragones「Vuelven Puzzles y Dragones」:キラメキ・スパニッシュ・ギターポップな1stアルバム