漁盤日記「福山音楽市場2017」at 福山天満屋 催事場


この秋、近所でレコード祭りがあると聞きつけ、久しぶりにサクサクしに出かけました。

祭り場所は駅前の立派なデパート。
折しも広島カープ優勝の週ということもあり、デパートに場違いな「それゆけカープ」のBGMが響く中での盛大な優勝セールが行われていたのですが、そんなことより一目散に会場のある高層階へ駆け登ります。
「デパート」「催事場」「レコード」というワード、今はいったい何年なのでしょうか…?2017年です、はい。

早速ですが漁盤成果は以下のとおり。
[ローファイ] Blouse / Blouse(2011,Captured Tracks,CT125,1st)
[ファンク] Deodato / Prelude(1987,CTI/キング,LAX-3171,3rdプレス,JPN廉価盤)
[ネオアコ] Louis Philippe ‎/ Yuri Gagarin(1989,el/Cherry Red,ACME23,UK-Org.)
[ジャズ] Kenny Dorham / Whistle Stop(1994,Bluenote,RE,B1-28978,USプレス,180g重量盤)

値段は秘密ですが、高価になりがちな”出張催事”ということを考えても、どの盤も良心的な価格でした。


開場間も無く入場したのですか、地方都市での開催にもかかわらず結構な人が来ていました。
昨今、「レコードブーム」だ「アナログ復権」だと盛り上がり、「#レコード女子」というキラキラワードまで飛び出していますが、そんなの都会の話です。


ここ地方会場でのレコードハントは、妙齢のレコード紳士たちが一心不乱にエサ箱を漁り、殺伐としています。男女比率は10:0、年齢層は40〜60代といった感じでしょうか。熱気ムンムンです。すばらしい。
是非とも来年も続けてもらいたいですね。
 
こちら現場からは以上です。


次回の参戦予定は↓
第82回広島ディスクセール 10/13(金)~10/15(日)@ 広島駅南口地下イベント広場
https://ameblo.jp/groovin-sale/entry-12300361420.html

コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

アナログ盤に付いているダウンロードコードが書いてある紙やカードの保管方法

Optic Nerve Recordings、ネオアコ7インチが毎月発売される、リイシュー・シリーズを注文しました

Petal 「Magic Gone」:メラコンリーな女性SSW、2ndアルバム

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談