Sixpence None the Richer:the La’sのカバーもこなした実力 派バンド

Sixpence None the Richer / S.T. (1999,LP,Squint Entertainment)

紅一点Leigh NashがVoをつとめる、USナッシュビルのバンドです。

3rdアルバムとなるこのセルフタイトルは、グラミー賞にもノミネートされ、ビルボードチャートでも1位を取り一躍スターダムに駆け上りました(その後は、セールス的に大変だったようですが…)。

ちなみに日本盤CDタイトルは「Kiss me」で、ジャケットはNash嬢のルックスを全面的に打ち出した仕上がりに。


当時のギターポップファンの間での一番のトピックは、なんと言っても「There she goes」カバー!

先行のCDシングル「Kiss me」には、the La's「There she goes」のアコースティックカバーも収録されたのですが、あまりの美麗な仕上がりに「誰だこれ!?」と話題になりました。
その後「Kiss me」が商業的に大ヒットもありアナログ盤もプレスされ、7インチは500枚限定ともあって速攻でレア化 して一時は3800円のプライスを…。

また、2002年リリースの4thアルバム「Divine Discontent」では、Crowded Houseの「Don't dream it's Over」を軽やかに歌い上げており、彼らのカバーセンス優れた部分を改めて見せてくれるのです。



コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

Alpaca Sports「From Paris With Love」 : ギターのアルペジオとコーラスが美しい、スウェディッシュポップの普遍性

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

Virgin Suicide「S.T.」 胸キュン北欧ギターポップ、デンマークから贈られたデビューアルバム

安く手に入りそうな90年代後期のギターポップ名盤を改めて紹介

7インチレコードの収納箱を探してみる