2016年4月20日水曜日

Pale Fountainsのアナログ盤「Pacific Street 」「From Across the Kitchen Table」


ネオアコ好きにとって、"マストなアーティスト"に挙げられること多いPale Fountainsです。

(写真:左上→右下)
Thank You (12",1982)
(There's Always) Something on My Mind (12",1982)
Pacific Street (LP,1984)
From Across the Kitchen Table (LP,1985)


定番1stアルバム「Pacific Street」は、2000年前後のネオアコブームの際は高値でした。日本盤帯付や販売国のマトリクスさえ気にしなければ、比較的手に入りやすいと思います。

これまた当時高値だった12インチの「Thank You」「Something on My Mind」。今では2枚共に中古では格安になっています。
ネオアコブームの最中、広島のレコ屋Groovinにて2枚とも"1000円"という破格の値段で見つけた際は狂喜しました。もちろん即買いです。
「Something on My Mind」のB面には、「Just a Girl」という屈指の繊細をもったネアオコ名曲が収録されています。

2013年には、なぜか「Something on My Mind」が"ボーナストラック付"でアナログ盤で再発されるという、ネオアコキッズ心かき乱される事案がありました。


上記アルバム2枚の他に、ドイツのMarinaからリリースされた、「Longshot for Your Love(1998)」という美しいジャケットのアルバムもあります。
個人的には初期楽曲を集めた、このコンピレーションが好きなのですが、CDも廃番だし中古レコードもあまり見かけませんよね。


さて、お気に入りの曲ですが、2ndアルバム「From Across the Kitchen Table」収録の、タイトル曲「From Across the Kitchen Table」になります。
曲の冒頭から幻想的なストリングスから一転、溢れ出すシャウトを含んだVo.のアツさとか、ブリッジ部にかき鳴らされるギターの音色とか、心揺さぶられることの多い曲です。



0 件のコメント:

コメントを投稿