Veronica falls「Waiting for something to happen」:ほど良くブレンドされた陰影のメロディ



Veronica falls / Waiting for something to happen (2013,LP)

リードトラック「Teenage」が好評、発売前から期待値の高かったロンドンのインディバンド、2ndアルバムです。アナログ盤はDLコードではなくCD付きでした

 

このバンド、私は「Teenage」で初めて知ったせいもあるのですが、この曲以外はあまりに気にしていなかったんですよね。
ところが、アルバム内の他の曲が良かった!いい方向に裏切られました(失礼)


タイトルトラックでもある爽快ポップソング「Waiting For Something To Happen」、ジャングリーな「Bury Me Alive」、哀愁アコースティック「Everybody's Changing」…と結構幅広いメロディを聴かせてくれます。


ローファイな印象を払拭するかのごとく、かといってキラキラ満載でもなく。
陰影のついたガールズ・ポップバンドって最近はあまりいないな〜思い、個人的にとても新鮮に映るアルバムでした。




【追記】2013.8.29
2013年の11月に来日、とアナウンスがありました。ファンは相当楽しみにしてるんじゃないかな…。
Veronica Falls | Facebook
https://www.facebook.com/veronicafalls/posts/679652595385981
Veronica Falls:tumblr
http://veronicafalls.tumblr.com/shows


今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

[FST160]V.A.「The Sound of Leamington Spa Vol.9」:お馴染みカルト・ネオアコ・コンピ、レミスパ・シリーズの有意義さ

[FST162]Candy Opera「Rarities」:前作が人気盤の80’sリヴァプール・ネオアコ、2010年新録を収録して続編をリリース

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

ダウンロードコードの雑談