Wallflowerのニューシングルが透明感のあるハーモニーポップで良い

Wallflower / Nowhere (7″,2017,Fastcut Records)

大阪出身、男女5人組のインディバンド。
過去には「Filled with Flowers EP」(CD,2012)、「Dreamy Days」(7”,2013)をFASTCUT RECORDS(JPN)よりリリースし、日本のみならず、世界のインディポップ・ファンから注目されました。
最近では、「Out To Sea」(CT,2015)がMiles Apart Records(JPN)からリリースされています。


最新作「Nowhere」はFASTCUT RECORDS(JPN)より、7インチにてリリース。
しかも、今回はミニジンが付くそうです。

さて曲の方ですが、ロマンティックなシンセのイントロからヤラレました。
彼ららしいドリーミーさに、Late 90’s北欧ポップを彷彿とさせるエッセンスがプラス。透明感のあるハーモニーポップは、the Cardigans〜the Shermans〜Dylan Mondegreenファンにもリーチするはずです。






Wallflower - Tumblr
http://wllflowr.tumblr.com/
Wallflower – Nowhere (7″) Late May, 2017 Release - Fastcut Records 
http://fastcut.jp/wallflower-nowhere

Tempting Soda Records: Wallflowerという、大阪のインディ・バンドがとても良い 
http://tmp-soda.blogspot.jp/2012/04/wallflower.html

コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

Alpaca Sports「From Paris With Love」 : ギターのアルペジオとコーラスが美しい、スウェディッシュポップの普遍性

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

Virgin Suicide「S.T.」 胸キュン北欧ギターポップ、デンマークから贈られたデビューアルバム

7インチレコードの収納箱を探してみる

安く手に入りそうな90年代後期のギターポップ名盤を改めて紹介