手っ取り早く90年代後期のギターポップシーンに触れてみるために推薦コンピを紹介





前回のエントリ、アクセスPV多くて好評だったのでちょっと続きを。


90年代後期のギターポップを個別に掘り下げてみるのも面白いけど、手っ取り早く知るには、やはりコンピレーションが良い!
というわけで、お試し感覚でいまからインディポップ、ギターポップを聴くのにおすすめのコンピを紹介します。


Airpop (2000,Apricot)

名門APRICOT RECORDSからのギターポップコンピ。
Shermans,Celeste,Brideshead,Charming,Den Baron..etc、今振り返ると優良インディポップバンドだらけで、入門編としては文句なしです。
続編となる、「Airpop Terminal 2」もオススメ。




Pop American Style (1996,March)
USシカゴの名門インディレーベルMarchが放つフレッシュなコンピレーション。アナログ盤は3枚組、CDでは2枚組でリリース。
Shoestrings,Rocketship,Allen Clapp,Aberdeen,Push Kings,Poundsign,Ciao Bella...etc、とこちらも豪華すぎ!USインディ入門盤としてオススメ。




両方とも当時リアルタイムで買いまして、ギターポップファンの間でも話題になりました。
今ではナイスプライスが掲げられているこういったCDに、改めて日を当ててみるのも面白いかなーと思っています。

Tempting Soda Records: 安く手に入りそうな90年代後期のギターポップ名盤を改めて紹介
http://tmp-soda.blogspot.jp/2015/05/90.html

コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

Alpaca Sports「From Paris With Love」 : ギターのアルペジオとコーラスが美しい、スウェディッシュポップの普遍性

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

Virgin Suicide「S.T.」 胸キュン北欧ギターポップ、デンマークから贈られたデビューアルバム

7インチレコードの収納箱を探してみる

安く手に入りそうな90年代後期のギターポップ名盤を改めて紹介