フリーペーパー「mumrik vol.9」セレクトで好きな盤を紹介

少し前になりますが、神戸発フリーペーパー「mumrik vol.9」を頂きました。毎度ありがとうございます!

(このエントリを書いている季節はもう春なんですが、やや紹介が遅れまして…)  今回の特集は「Autumn Leaves 秋に聴くレコード」と題しまして、各セレクターの推薦盤が掲載されています。


さて、この中で私も好きなアルバムがあったので紹介します。

まずはmumrik編集長のセレクト
Ducktails / Jazz (「Wish Hotel」)

Real Estateの派生バンドで、インストでも十分楽しめるんじゃないの?ってくらい艶のある美メロなギターラインが胸に刺さります。(関連:Ducktails「the Flower lane」:Real Estateギタリストのサイドプロジェクト)


もう1枚は、Tajiri Syo氏セレクト
Devine & Statton / Cardiffians

あ〜沁みる。
D&Sは1stが有名なんですが、この2ndアルバムも良いですよね。ブックオフでは安値で放置されていることが多いので、是非とも皆様方には救っていただきたい1枚です。



コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

Cullen Omori「the Diet」:メロディアス・ローファイな2ndアルバム

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

新規購入のMacで、[移行アシスタント]を使う際の注意点と失敗談 (iMacからMac Book Airへ転送)

ダウンロードコードの雑談

Puzzles Y Dragones「Vuelven Puzzles y Dragones」:キラメキ・スパニッシュ・ギターポップな1stアルバム