春に聴きたい一曲:原田知世「ロマンス」

春になると聴きたくなる一曲は、原田知世の「ロマンス」。
1997年リリース(…もう17年前か!)、プロデュースがトーレ・ヨハンソン、日本語詞は彼女担当で、作曲はウルフ・トレソン(Ulf Turesson:Excuse、Free Wheele)。ちなみにウルフはこの曲をセルフカバーもしてます。


春風を運んでくるような冒頭のブラスセクションが、まさにトーレ・ヨハンソンマジック。
以前、広島クアトロでライブ観たんですが、この「ロマンス」はアコースティックverでの演奏でした。

当時の自分のセットリストだと「原田知世→ カジヒデキ → Egg Stone」と繋ぐのが鉄板ラインで、その先にthe  cardigans → Beagleなんかを入れて流れに任せだすと「ひとりスウェディッシュ・ナイト」的なDJになってしまいます。
本人は全く意識していないでしょうが、私の中では「スウェディッシュ一派」と捉えているんですよね。







コメント

今週の人気エントリ

レコード売ったお金でレコードを買う

Optic Nerve Recordings、ネオアコ7インチが毎月発売される、リイシュー・シリーズを注文しました

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

大阪のレコード屋の場所(メモ書き)

For tracy hyde:日本語歌詞のユースウェーヴを君に捧げよう

Sobs「Telltale Signs」:往年のスウェディッシュ・ポップ感に、可憐な歌声が映えるシンガポール・インディ