その昔、TICRO MARKETで買ったthe Stone Roses「Elephant Stone」


the Stone Roses / Elephant Stone (12",1989)

John Thomas Squire(ジョン・スクワイア、ギター)が描いたカバーアートで、内容は説明不要でしょう。
the Stone Rosesの代表曲のひとつでもあり、今なおフロアが沸くアンセム曲。

イントロが7インチ版と違って、この12インチ版はドラミングが少々長くてアツイ。
クラブでは、「キュワ、キュワ...キュワーン」というギターの入りが好きだったから、7インチ版(Youtube)ばかり掛けていましたが…。


20年近く前、ロック系のクラブイベントに行き始めた頃はどこでもコレが掛かってて、あのジャケットが欲しくて欲しくて。


それから長い間アナログ盤を探しましたよ。
やっと見つけた12インチは、福岡のTICRO(昔の店舗所時代ね)にあって3800円!当時はまだまだレア盤だったから、VG+くらいのジャケットなんだけど即買い。
この擦り切れたボロボロのジャケットを手に取るたびに、レコードがそこら中に積んであった、あのTICROマーケットの2階店内を思い出すんですよね。




関連エントリ:
Tempting Soda Records: 初めて行ったロックイベントでは、Stone Rosesが流れていた
http://tmp-soda.blogspot.jp/2011/10/stone-roses.html

コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

Alpaca Sports「From Paris With Love」 : ギターのアルペジオとコーラスが美しい、スウェディッシュポップの普遍性

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

Virgin Suicide「S.T.」 胸キュン北欧ギターポップ、デンマークから贈られたデビューアルバム

7インチレコードの収納箱を探してみる

安く手に入りそうな90年代後期のギターポップ名盤を改めて紹介