Andy Pawlak「Lost Demos 1985-1986」:ネオアコ・ソウルなデモ音源集

Andy Pawlak / Lost Demos 1985-1986 (2019,CD,Firestation Records,FST164)

名盤1st「Shoebox Full Of Secrets」(1989)と、シングル数枚を世に放ち、そして去って行ったUKのSSW。
「まだ未発表音源があったのか!」と同時に、「この人なら、たくさん書き溜めているだろうな…」と思わずにはいられないレア・トラック集。CDのみでのリリースで、全18曲収録、300枚限定。


前述1st「Shoebox Full Of Secrets」のような、ブルーアイド・ソウルなテイストを期待していると、希望を打ち砕かれるハードルの高さ(言い過ぎか?)。
寒い冬の日に、暖炉の前で膝を抱えて聴きたくなるような、ネオアコ感のあるアコースティック・アルバムにまとめられています。


Aztec Camera、Prefab Sprout、Everything But The Girlあたりのファンには、是非とも聴いてもらいたい。このピンと張りつめたアコースティック・ギターと、熱いVo.のバランス感覚。涙を誘います。


ちなみにこのアルバム、以前にリリースされた「In The Kitchen」(2016,10”,FST142)に収録された下記の曲は、全て再録されています。お買い得盤!

Sunshine Girl
Waiting For The Fire
Blue And Grey
Perfect Days
This Our 85
Jazz Guitar




Firestation Records - Andy Pawlak
http://www.firestation-records.de/CAT/fst164-andypawlak-lostdemos.html

コメント

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

アナログ盤に付いているダウンロードコードが書いてある紙やカードの保管方法

安く手に入りそうな90年代後期のギターポップ名盤を改めて紹介

どうやら代官山 蔦屋書店(ツタヤ)がレコードレンタル始めたらしいよ

レコードのビニール外袋は、まだ必要です