Ben Wattの新作は旧作からのファンは買うでしょう…


当然、以前のソロ作やEBTG(Everything but the girl)を知ってる人は減ってるので、"ドラムンベースなベンワット"に馴染みのある世代はこのソロ作品をどのように受け止めるのか心配でもあります(笑)。

「North Marine Drive」以来の31年振りの新作ですね(待ってたファンもスゴイよね)。
レコードで予約しているので、まだ手元には届いていないのですが、PVを聞くかぎり純粋なアコースティック路線ですね。ちょっと影があるのもまた彼らしいかな。





■参考

エヴリシング・バット・ザ・ガールのベン・ワット 31年ぶりのソロ・アルバム『Hendra』からタイトル曲が試聴可 - amass
Everything But the GirlのBen Wattの31年ぶりのソロ・アルバム『Hendra』の詳細が発表 | Public Rhythm
今日の一曲 : Ben Watt “Hendra” – NEWSOUND | Music Cafe and Bar NEWPORT

今週の人気エントリ

「ネオアコ名盤50選」に掲載されたレコードの一覧

ダウンロードコードの雑談

アナログ盤に付いているダウンロードコードが書いてある紙やカードの保管方法

自宅にレコード棚を作るときに考えた事と、寸法についての雑談

Dylan Mondegreen「A Place In The Sun」:北欧アコースティック・ポップ、穏やかでマイルドな5thアルバム

Alpaca Sports「From Paris With Love」 : ギターのアルペジオとコーラスが美しい、スウェディッシュポップの普遍性